入れ歯

入れ歯(義歯)について

毎日の食事はおいしく、快適に味わい深いものにしたいものです。
また、自然な口元をつくり、お話しするにも入れ歯(義歯)はとても大切です。
入れ歯(義歯)を意識せずに食事や会話ができれば気持ちも明るく自信も生まれてきます。

今お口に入れられている入れ歯に、外れやすい、話しづらい、
バネが目立つ、しっかり噛めない、食事が美味しくない
等の
ご不満がございませんか?

吉田歯科では、患者様にきちんと適合した入れ歯を提供することによって、
快適で充実した生活を送って頂きたいと考えています。

入れ歯(義歯)の作製の際には、残っている歯の治療が必要になることがよくあります。
また、現在ご使用中の入れ歯(義歯)の問題点を把握するためにも、
ご使用中の入れ歯を持参しご来院頂きますようお願い致します。
入れ歯(義歯)でお困り・お悩みの方は、是非、吉田歯科にご来院下さい。

保険の入れ歯でお困りの方

吉田歯科では保険適用の入れ歯(義歯)の他に自費治療でTUM(タム)デンチャーの取扱いがございます。

TUM(タム)デンチャーとは

TUM(タム)デンチャーはとても薄型で軽量ながら耐久性と適合性及び適度な弾力性を兼ね備え、 異物感のない快適な着け心地をお約束します。入れ歯が沈むのを防ぐ為の小さい金属のみを使用し、大部分はとても軽くて丈夫な樹脂で製作されます。 これによりお口の中で抜群のフィット感を実現する事ができ、異物感が全くなくなりました。

金属に代わる樹脂素材
人に優しい新素材、
耐久性特殊ナイロン
「TUM タム」

TUMデンチャーの原材料には、強靭かつ弾力性に優れた「エンジニアリングプラスチック(エンプラ)」を使用。高いフィット感と審美性を両立させています。患者様からも「咬みやすい」と評判の画期的なノンメタルクラスプデンチャーです。

大阪市立工業研究所にて耐久性ナイロンTUMと従来の他社素材との比較耐久試験が行われ、毎秒1回脱着を行う耐久試験に対し、TUMは従来の素材をはるかにしのぐ耐久性が実証されました。