未分類

2019.08.26

歯の着色汚れ

着色といえば、コーヒーカップや水筒などのうまく洗えないところにいつのまにか頑固な汚れがついてしまいます。

これは、コーヒーやお茶に多く含まれているタンニンという成分によるものです。

 

歯の表面にも同じような事が起ります。

タンニンは鉄やカルシウムのような金属イオンやタンパク質などと結びつきやすい性質なので、食品中に含まれる様々な色素や有機物を歯の表面に沈着させ、歯の着色汚れの原因の一つとなっています。

また、たばこのヤニカレーの色素赤ワインなどに含まれるポリフェノールなど、色々な物質によっても、歯の表面に着色汚れが生じてしまいます。

特に歯の裏、歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目など、歯みがきのしづらい部分、また歯の表面でも目に見えないざらざら(ミクロの傷)のところに着色汚れはつきやすいのです。

ですから、着いてしまった着色汚れが取れなくなる前に、毎食後に歯をていねいに磨いていつも綺麗にしておくことが大切です。

 

当院でも定期健診で歯のクリーニングを行っていますのでご相談ください。

記事一覧