スタッフブログ - 蔵本

2019.03.31

春野菜でデトックス

こんにちは。管理栄養士兼歯科助手の蔵本です。

まだ風の冷たい日もありますが、だんだん暖かくなってきましたね^ ^

 

 

暖かくなってくると、人の身体も活発に活動を始めます。春はエネルギーが発散され、新陳代謝がアップする季節。それに伴い、体内の老廃物を外に出す「デトックス」効果がグンと高まります!!

 

よく「代謝を上げよう」と言われますが、簡単に説明にすると、酸素や栄養を取り込み、余分な物を排出することが”代謝”です。

 

私たちの身体には、添加物や、外気といった化学物質による老廃物が、知らないうちに溜まっています。それらの毒素を溜め込むことで、免疫力が下がり体調不良や、むくみなどを引き起こしてしまいます_| ̄|○

 

「デトックス」とは、そんな毒素や老廃物を、体の外に排出することです。

 

体内の老廃物を外に出すには、「食」のチカラが欠かせません。

 

デトックス効果を活発にするのが春のお野菜^ ^
春野菜は、肝臓の働きを良くする成分が豊富に含まれています。肝臓は身体に有害な物質を分解して体外に排出する働きを持つ、デトックス器官の要です。つまり春野菜を食べて肝機能を高めることでデトックス効果が一層高まります◎

 

 

ではでは春野菜の紹介をしていきたいとおもいます♫

 

 

①アスパラガス

 

アスパラガスには、新陳代謝を活発にして、活力を高めるアスパラギン酸が豊富!
また、むくみや肝機能を改善させる効果もあります。
さらにアスパラギン酸には、胃腸の働きを高め、毛細血管を強くする「ルチン」や、造血作用のある「葉酸」も含まれています。
「ルチン」と「葉酸」を同時に摂れる野菜はすごく貴重です^^
豚肉で巻いて焼いたり、お浸しにしたり、、
食べ方も色々あります^ ^

 

 

②新玉ねぎ

 

春の新玉ねぎは、辛みが少ないので生食に適し、その栄養分を余すことなく摂ることができます。
玉ねぎには、善玉コレステロールを増やして血液をサラサラにする効果があり、涙が出る成分「シクロアイリン」はビタミンB1の吸収を高めて代謝を促す嬉しい働きがあります^ ^

 

新玉ねぎに含まれる食物繊維は、
老廃物の排出を積極的に助けデトックス効果を高めます!
玉ねぎは大きめにスライスするのがオススメです☺︎

 

本日の献立の一品に是非玉ねぎサラダを^ ^

 

 

③菜の花

 

意外と知られていませんが菜の花はアブラナ科の、とても栄養価の高い緑黄色野菜です。
ビタミンC・βカロテンがとても豊富!さらにビタミンA、B群、カルシウム、鉄分までがバランスよく含まれています。
特にビタミンCはほうれん草の3倍、βカロテンはピーマンの5倍もの含有量です。
まさにパーフェクトな野菜です^ ^

 

菜の花の辛子和え、、美味しいですよね〜^ ^
茹ですぎると、ビタミンCやビタミンB 類などせっかくの栄養素がお湯の中に溶けだしてしまうので、サッと短時間で茹で上げるのがポイント。
最初に火の通りにくい茎の部分から茹ではじめるのも、美味しく仕上げるコツです◎

 

卵と炒めると、味もマイルドになるので
お子様でも食べやすくなります^ ^

 

 

少しでも参考になれればと思います。
皆さま是非、春野菜を食べてデトックス効果を高めてくださいね〜!!

記事一覧