スタッフブログ - 杤尾

2018.03.27

おやつの取り方 part1

こんにちは、歯科衛生士の杤尾です。

 

暖かさも日ごとに増し、過ごしやすくなってまいりました。ちらほらと桜が開花し始めていますね。

 

卒業・入学のシーズンで皆さん、忙しくされていることと思います。

 

長期の休みに入ると、学校に通っている時に比べて、生活リズムも乱れがちになりますね。

 

気をつけていただきたいのが“ダラダラ食べ”です

 

 

 

特に夜寝る前の飲食は危険です!!

口に物が入っている回数が多いほど、虫歯のリスクは上がります。

 

そしてもう一つ、おやつの取り方について

︎乳幼児、︎小学生、中学生、大人、高齢者など各年代に適した取り方があります。

 

今回は、小学生のおやつの取り方について、お伝えいたします。

 

おやつの役割は、3食で足りない栄養の補給として考えられますが、

一日の中で楽しみの時間にしているお子様も多いと思います。

おやつの時間は精神的にもリラックスでき、情緒の安定に大きな影響があるそうです。ですが、無制限に好きなだけ食べるということではありません。

子供の運動量に合わせて、量を加減しましょう。

 

おやつを取る上での注意事項

⭐︎ゲームをしながらのながら食べをしない

食べた実感がなく、ゲームと食べることがセットになってしまい癖になって

しまいます。

⭐︎おやつのルールを作る

手洗いをしてから食べる、食べる時間を決めるなど、一人でおやつを食べる子供は親と約束をしましょう。

 

⭐︎スポーツをしているお子様にはおにぎり、サンドイッチ、果物など。合わせて水分(水、お茶、など)も摂りましょう。

 

⭐︎肥満傾向にある子供にもおやつの楽しみを

おやつの楽しみを奪っては、ストレスになります、低カロリーの食品を選び

ましょう。

 

⭐︎あまり体を動かさない子供には、油分、糖分を控え量も少なく。

 

正しい知識と規則正しい食生活で、虫歯から身を守りましょう!!

記事一覧