スタッフブログ - 高山

2020.06.16

3歳までが重要です!

こんばんは。トリートメントコーディネーターの高山です🐱🌙

 

家に帰って玄関を開けると、足元に黄緑の淡い光が・・・Σ(・□・;)

 

 

お!初夏の風物詩!

そう。ホタルです

 

1匹だけ家に迷い込んでいました。

 

今月に入り、ホタルに出会うのはこれで3回目。

数年前に一度見たっきりだったので、こんなに頻繁に出会うのは初めてです。

1日の終わりにホッと和みました(ヾ(。・ω・)ノ

 

 

さて、今回の内容は、お子さんの虫歯予防についてです⭐︎

 

突然ですが、みなさんはご存知ですか?😏💡

 

以下の文はどちらが正しでしょう。

 

⒈「虫歯は遺伝!生まれた時から虫歯菌はお口の中に存在する。」

 

⒉「虫歯はうつるもの!生まれた時、虫歯菌はお口の中には存在しない。」

 

 

 

正解は・・・

 

 

虫歯は「遺伝」!!!

と思ったあなた。

 

 

 

 

 

 

ブッブーーーーー!残念。

 

 

正解は⒉の、「生まれてすぐのお口の中に虫歯菌はいない」でした。

 

 

簡単でしたか?😁

最近は、ご存知の方が多いですよね。

 

そうです。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫菌菌は存在しません。

 

しかし、大きくなるにつれ虫歯ができてしまうのは、

一緒に過ごす家族の方のお口の中に、虫歯菌が存在し

その菌が唾液を介してうつってしまうからだと言われています。

 

ムシ歯は、風邪と同じく感染症です😉

 

お子さんの虫歯を予防したい!と考えてるお母さん、お父さん。

 

まずは、ご自身も一緒にお口の環境を整えましょう(ヾ(。・ω・)ノ

 

 

それは、巡り巡ってお子さんの虫歯予防にも繋がります💡

 

もちろん、虫歯を予防するには他にも

 

食生活歯ブラシの習慣フッ素使用の有無などによっても大きな影響を受けます。

 

 

大体、3歳ごろになるとムシ歯菌がお口の中に定着すると言われているので

吉田歯科では、3歳までに予防の習慣を作ることが重要だと考えています✍️

 

 

もちろん、3才を過ぎたからもうダメなんて事はありませんよ^_^

 

その次は「奥歯に永久歯が生えてくる6才!』この年代の予防もとても大切です。

 

 

ベストは、永久歯が全て虫歯でなく健康な歯であること

 

もし虫歯が出来てしまったら、次はそれ以上増やさないこと!

 

可愛いわが子のためにも必要な手間は惜しまないでください。

万が一、虫歯ができてしまっても諦めないでくださいね(^_−)−☆

 

ただ、虫歯=すぐ治療が正解とは限らないので

今だけを見るのではなく、これから先も踏まえて今その子にとって何が必要かを

判断して、お伝えします( ^ ^ )

 

 

お子さんがムシ歯で銀歯だらけのお口になったら・・・嬉しい親御さんはいないですよね。

それは、私たちも同じです。

 

 

大切なお子さんが、ピカピカな歯を維持できるように!これからも一緒に頑張りましょう🦷✨

 

 

[instagram-feed]
記事一覧