スタッフブログ - 西浦

2020.01.31

歯が平たくなっていませんか?

こんにちは!歯科医師の西浦です。

2020年が始まったと思ったら、もう1月が終わろうとしていますね!

1年間を無駄にしないように日々成長していきたいです。

 

 

それでは本題です!

みなさん自分の1本1本の歯をまじまじと見たことはありますか?

1度よく見てみると、こんな所治療したんだとか、

ここって虫歯じゃないのかなとか色々気づくことがあるかもしれません。

 

 

今回お伝えしたいのは、歯の噛む面がツルツルで平たくなってませんか?

本来はえたての歯はでこぼこして、しっかりと溝があるんですね。

 

これはご飯をしっかり噛む効率をあげたり、

顎を左右に動かした時に横からの力が歯にかからないようにしているんです。

歯は横からの力にはすごく弱いんで、力がかかると歯がゆれたり割れたりしてしまうんです。

 

 

では、歯が平たいとどうなると思いますか?

食べ物がしっかりと簡単に咀嚼することができなくなります。

それだけではなく、食べ物を平らな歯ですり潰すような動きで咀嚼を始めます。

そうすると歯に過剰な力がかかり歯の破折や痛みにつながったり、

顎の動きがおかしくなり顎関節症につながることもあります。

 

 

そもそもの歯が平らになった原因は歯ぎしりによるものが多くをしめます。

日中にしている歯ぎしりは意識的にやめるよう心がけ、

寝ている間はマウスピースをつけて歯への負担を減らすことで予防しましょう。

加えてこのようなトラブルが起きる歯はほとんどの場合が治療された歯なのです。

なので歯ぎしりに自覚のある人や歯科医院で歯ぎしりしている可能性が高いと言われた人は、

治療しないで済むように特に虫歯には気をつける必要がありますね!

[instagram-feed]
記事一覧