スタッフブログ - 鈴木

2019.04.07

最新の歯周病学を学ぼう!

こんにちは。歯科衛生士の鈴木です★

 

お花見日和の週末。

ちょっと暑いくらいのお天気でしたね^^

 

そんな中、満開の桜を横目にしながら

歯周病について

大阪大学教授 村上伸也先生のご講演を歯科衛生士5名で拝聴してきました。

 

 

お口の中は残念ながら無菌にはできません。

 

お口の中は腸内と同じように、善玉菌・悪玉菌・常在菌がいて、バランスをとりながら共存しています。

そして、この細菌たちは「バイオフィルム」というものを作り出します。

時間が経てば経つほど、どんどんこのバイオフィルムの量は増え質も悪くなります。

そうして、お口の中の細菌叢のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、歯周菌の勢いが体の免疫力(抵抗力)を上回ってしまい、

 

結果として歯周病が起こる

 

ということになります。

 

歯周病はバイオフィルムの感染によって起こる!

 

というわけですね。

 

なので、歯周病の予防・治療には

 

丁寧な歯磨き&フロスで原因となるバイオフィルムを取り除く

*体の免疫力を高める

 

この2点がとても大切です!!

 

歯周病

 ●感染症

 ●生活習慣病

です。

 

手洗い・うがいをして、

栄養と十分な休養で体の抵抗力を下げないようにして、

生活習慣を整えて風邪やインフルエンザの予防をするように、

 

お口のケアの習慣を見直してみましょう★

 

そして、歯周病は自分では気づけないくらいの弱い炎症がずーーーーーーーっと続いてしまう、つまりは歯周病になっていることになかなか気づきにくい、という怖い感染症です。

 

まずは、ぜひ歯医者さんでチェックを受けましょう!

 

あなたのお口にあったケアの方法を身につけましょう!

 

私たち歯科衛生士はあなたのお口と体の健康をサポートします♪

 

 

 

 

記事一覧