スタッフブログ - 長井

2019.08.31

抜歯

こんにちは!

ここのところ、ようやく朝晩は涼しくなり、過ごしやすくなってきましたね♪

歯科医師の長井です(o^^o)

 

 

 

今回は抜歯についてお話しようと思います。

 

 

皆さんは抜歯についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

痛い、怖い、もったいない、、抜歯はつらい選択ですよね。。

 

しかし炎症のある歯を無理に残しておくと、、

 

 

①歯周病の歯に炎症が繰り返し起こると、歯を支える骨が溶けてしまい

いざインプラントや入れ歯を入れようとなった時に治療の条件が悪くなってしまいます。

 

 

②歯の根っこの先になかなか治らない慢性の炎症があると、顎骨炎や歯性感染症の原因になってしまいます。

 

 

 

抜歯は治療しても繰り返す炎症の原因を根本から取り除くための最終手段であり、

患者さんのお口や体を炎症の被害から守る重要な外科処置です。

 

 

 

また、抜歯の中でも一番大変なのは親知らずの抜歯です。

 

 

痛み、腫れ、出血が伴うため、患者さんはなるべく抜歯は避けたいですよね(>_<)

 

 

しかし、横向きの親知らずを放っておくと、隣の歯を支える骨が溶けたり、汚れがたまって隣の歯が虫歯になったり、

歯茎に炎症が起こります

 

親知らずの隣の歯(第二大臼歯)は噛むのに非常に大事な歯です。

 

 

問題のある親知らずは早めに抜きましょう!!

 

必要な抜歯は適切に受け、体を守っていきましょう!

記事一覧