スタッフブログ - 鈴木

2019.01.28

インフルエンザ予防にプラス★

こんにちは^ ^

 

歯科衛生士の鈴木です★

 

インフルエンザが猛威をふるっていますが、吉田歯科はみんな元気に頑張っています‼️

 

インフルエンザや風邪の予防といえば、

 

手洗い・うがい

 

ですが、それ以外に毎日たくさんの患者さんに接する医師が普段から実践している予防法が3つあるそうなのでご紹介します。

 

 

 

1.緑茶でこまめに水分補給

 

 

緑茶のカテキンによるウイルス感染予防に期待すること、また口の中の乾燥を予防するためです。

 

7~10分おきにひと口飲むそうです。

 

乾燥を防止することはとても重要ですね。

 

 

2.一日5回の歯磨き

 

 

ある先生は、3回の食事のあとと、朝起きたあとと寝る前の一日5回歯みがきをするとのこと。

 

日本からの臨床データとして、口腔ケアがインフルエンザ予防に有効だったと報告されております。

 

インフルエンザウイルスの気道への侵入と増殖を促すのが、口腔内の細菌から産生されるタンパク。

 

つまり、口腔内の細菌数を減らせば、インフルエンザにかかりにくくなるのです。

 

個人的には5回磨く必要は無いように感じますが、お口の中を清潔に保つことがインフルエンザの予防につながるということですね★

 

 

 

3.ビタミンCとビタミンDを摂る

 

 

ビタミンDは免疫細胞に作用し、体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する免疫の働きをサポートするといわれています。

 

日本人は不足しがちな栄養素です。

 

きのこには風邪やインフルエンザなどのリスクを軽減するビタミンDが豊富に含まれています。

 

なかでもまいたけはビタミンDの含有量がトップクラスです★

 

また、お疲れモードのときにあわせて摂りたいのがビタミンC。

 

ストレスが多いなど、重労働下の厳しい環境では、ビタミンCは風邪予防に有効であるという研究結果も出ています。

 

 

まだしばらく流行が続きそうなインフルエンザ。いつもの予防法にプラスして、冬を元気に乗り切りましょう‼️

記事一覧