スタッフブログ - 森

2018.11.05

その歯の痛み、原因は何!?

最近朝晩寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

歯科医師の森です。

歯内療法を専門的に勉強している日々ですが、長期にわたって痛みが取れず、苦しい思いをした上で当院へいらっしゃる患者さんが後を絶ちません。

そもそも、痛みの原因はなんなのでしょうか?

歯周病的な要因や、被せ物や詰め物、歯が原因でない痛みなど実に様々なものがありますが、今回は、「なかなか治らない根の先の病気が原因の痛み」についてお話ししていきます。

これを読まれている方の中には、「治療後ズキズキ痛かった」を経験された方も、相当数いるかと思いますが。この痛みの原因として考えられるのは全部で三つです。

①機械的刺激

②化学的刺激

③細菌学的刺激

 

 

機械的刺激の代表的なものとして、器具の押し出しや、治療中の歯の噛み合わせがあります。根の中を掃除する際に、器具を根の先に少し押し出すことがあります。その刺激が麻酔が切れた後の痛みの原因になることがあります。また、根の治療をしている歯が強く噛んでしまっていたりすることで、痛みを引き起こすこともあります。なので、根の治療をしている歯は、噛まないように、歯の噛み合う部分を落とすことが多いです。

化学的刺激とは、根の中を掃除する際に用いる薬液や材料による刺激で痛みが出ることを言います。根の中を洗浄する際に使用する薬液として、「次亜塩素酸ナトリウム」など刺激の強いものを用いることも多く、薬液そのものの刺激があります。また、綺麗に掃除した根の中に詰める材料による刺激でも痛みが出ることもしばしばあります。 

細菌学的刺激、つまり細菌がまだ根の中に残っており、根の先で悪さをすることで痛みが生じてしまうような状況を示します。

 

機械的刺激や化学的刺激に関しては、時間の経過とともに多くの場合は痛みが治まってきますが、根の中の細菌が残っている場合は、その数が増えて体の免疫でカバーできなくなると、痛みの発生につながることがあります。

 

しかも、歯の中は非常に複雑で入り組んでいるであるため、細菌に一度感染してしまうと、どんなに丁寧に器具や薬液を使ってお掃除しても、取りきれないこともあります。お掃除する器具によってせっせと掃除を行ったとしても、器具が根の中に触れられる割合は3~5割程度と言われています。よって、一度細菌に感染してしまうとそれを除去するのは非常に困難で、痛みの軽減という、意味合いでも細菌をできるだけ根の中に入れない方がいいと言えます。

 

通常の治療で問題なく過ごされている方もたくさんいらっしゃる一方で、何回治療しても一向に痛みが治まらない、違和感が消えないという方もたくさんおられます。

 

痛みが強く「もう抜歯かも・・・」となった歯でも、もしかしたら残すことができるかもしれません。

 

その際は、ぜひ一度ご相談ください!

 

参考文献

  1. 石井宏. 世界基準の臨床歯内療法, 医歯薬出版.
  2. Siqueira JF Jr. Incidence of postoperative pain after intracanal procedures based on an antimicrobial strategy. Journal of Endodontics 2002;28:457-460. 
  3. Peters OA. Current challenges and concepts in the preparation of root canal systems: a review. Journal of Endodontics 2004;30:559–67. 
記事一覧