スタッフブログ - 長井

2019.02.28

いびき

こんにちは!

 

三寒四温の日が続き、春の訪れが待ち遠しいですね♪

 

歯科医師の長井です(o^^o)

 

 

今回は、いびきについてお話しようと思います。

 

「いびきがうるさい!」と指摘されたことはありませんか??

 

実はいびきは『ぐっすり眠れない!』と訴える体の悲鳴なのです。

 

息が苦しく、就寝中の眠りが浅くなるため、体を傷める原因になってしまいます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群という病気をご存知ですか?

 

寝ている間に、10秒以上繰り返し息が止まってしまう病気で、そのほとんどが、気道(口や鼻の奥にある息の通り道)がふさがることで起きると言われています。

 

 

 

 

 

では、どんな人がなりやすいのでしょうか??

 

 

①太っている

ダイエットに励みましょう!

太っている人の舌は肥大しています。ダイエットし、大きな舌がスリムになると、症状改善の大きな鍵になります。

 

 

②口を開けて寝る

鼻呼吸のクセをつけましょう!

感染予防にも効果があり一石二鳥です♪

 

 

③顎が小さい

顎が小さく小顔の方は口の中が狭く、舌が就寝中に下へはみ出して気道を閉塞させてしまうことがあります。

痩せていても、いびきをかき不眠症になっていることがあるので、早めの検査を受け、治療開始しましょう!

 

 

④鼻が小さい

 

⑤扁桃が大きい

 

 

 

最近では、睡眠時の無呼吸、低呼吸の予防に、子供の頃の矯正治療が有効であることが分かってきました!

 

急激に背が伸びる前の7~8歳くらいから顎を拡大して口腔内の容積を広げるという、小児矯正の治療を受けておくと、将来大人になった時、いびきの予防になるそうです。

 

 

お子様のお口の育ちが気になる方は、ぜひご相談ください(^ ^)

記事一覧