審美歯科

白くキレイな歯にしたい~審美歯科~

「銀歯」が気になる方のために

・むし歯治療で入れた銀歯の見た目が気になる

・セラミックの歯に興味がある

・保険診療で入れた差し歯の見た目が悪い

上記のようなお悩みをお持ちではありませんか?
 
吉田歯科では、美しい口元が実現できるよう、様々な審美歯科メニューをご用意しています。
歯の治療に関しては健康保険が適用されるため、一般的には『なるべく安く』と保険適用内での治療を希望される方が多いかと思います。
しかし、『歯を長持ちさせたい』『見た目を良くしたい』という患者様のご要望にお応えするには、保険診療では明らかに限界があるというのが歯科医療従事者としての正直な感想です。
 
そこで、吉田歯科では、患者様のご要望に応じて『歯の見た目を良く』はもちろんのこと、耐久性や機能性をも持ち合わせた審美歯科治療をご提供します。
保険診療では、奥歯なら銀歯、前歯なら金属の裏打ちがある白い歯科用プラスチックの歯というように素材に制限があります。また、治療に使う材料にも限界があり、以下のようなデメリットがあると言われています。

保険診療の限界

  • ・歯垢が溜まりやすく、むし歯や歯周病を引き起こしやすい
  • ・天然歯よりも強度があるため、咬み合う歯を傷つけることがある
  • ・長期的にみると、金属の劣化により金属イオンが溶け出し、歯ぐきが黒ずむことがある
  • ・金属を使用しているため、金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • ・土台に金属を使っていると、歯ぐきが下がった時に金属が見えることがある

 

何よりも患者様の声で多いのは
『見た目の悪さ』
しかし、保険診療では銀歯による修復が限界なのです。
見た目の問題を解決してくれる代表的な素材がセラミックなのです。
保険診療に比べて費用は高くなりますが、審美面・機能面について
理想的な治療を行うことができます。
 
セラミックには、いくつかの種類があり、
ご自身のお口の状態やご要望によってお選びいただけます。

セラミックの種類

メタルセラミッククラウン

内側に金属のフレームを使い、表面にセラミックを焼きつけた被せ物です。
オールセラミックと比べて透明感はやや劣りますが、強度があります。

オールセラミック

セラミックを100%使用した詰め物・被せ物です。
透明感があり、色味の調整も可能なのでご自身の歯と見分けがつかないほど自然に仕上げることができます。

ハイブリッドセラミック

セラミックにレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた素材。
長期的にみると変色してきますが、オールセラミックよりは安価に白い詰め物・被せ物をお選びいただけます。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミックのつけ爪のような板を貼りつけるです。
ホワイトニングでは白くできなかった歯を白くしたり、多少の歯並びの乱れならば改善したりすることもできます。

セラミックの特徴

・透明感があって美しく、最も天然歯に近い

・表面に歯垢が付着しにくいため、むし歯や歯周病になりにくい

・変色せず、耐久性にも優れ、しっかりとメンテナンスすることで長持ちする

・金属イオンの溶け出しによる歯ぐきの黒ずみ(メタルタトゥー)が起こらない

・金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がない

セラミックによる修復は、見た目が美しいだけでなく、
上記のような特徴を兼ね備えており、歯を長持ちさせることにもつながるのです。
吉田歯科では、カウンセリングを十分に行い、
審美面・機能面・耐久性など様々な観点から、患者様にとって最善の治療をご提案いたします。

ご自身の歯を白くしたい方へ

ご自身の歯を白くしたい場合には、ホワイトニングが適用となります。
ホワイトニングとは、歯を削らずに薬剤で歯を白くする方法です。
歯が変色する原因には、たばこ・コーヒー・茶渋などによる着色があります。
これらはクリーニングだけでも十分に落とすことが可能ですが、加齢による歯の黄ばみやエナメル質(歯の内部)にまで沈着した色素までは落とすことが出来ません。当院で取り扱っているホワイトニングメニューについてご説明いたします。

ホームホワイトニング

ご自宅にてご自身で行っていただく方法です。ご自身の歯の型に合わせて作ったマウスピースにホワイトニングジェルを入れて、マウスピースを付けて行います。効果が出るまで個人差はありますが、2~4週間ほど必要です。時間をかけて行うことで、より自然な白さ・後戻りしにくい効果を得ることが出来ます。
 
ご自身の歯であっても、ホワイトニングを不適用とする歯の質の場合があります。
ご興味のある方は、一度ご相談ください。