プチ矯正

プチ矯正(前歯の部分矯正)のご案内

部分矯正(プチ矯正)とは、
短期間に低価格で前歯の歯並びを
改善する治療です

・「矯正したいけど、歯を抜いて2~3年装置を付けるって言われたけど長くかかるのは嫌だ」
・「すきっぱが気になるけど削ってかぶせるのは抵抗ある」
・「前歯だけを早く治したい」
・「一本だけ内側に入れたい」

矯正治療は始めたいけど、費用や治療期間の問題でためらっている方も多いと思います。

一般的に矯正治療(歯列矯正)とは、上下の顎のバランス、歯の大きさと顎のバランスを整えることにより顎全体の咬み合わせを構築しながら歯並びを治していくため、年単位の治療期間がかかってしまいます。

でも、「前歯の見た目だけが気になっていて、とにかく短期間で少ない費用負担で治療できたらいいのに・・・」と思われている方もおられるのではないでしょうか?

そんな方にはプチ矯正(前歯だけの部分矯正)がオススメです。

本格矯正とプチ矯正の違い

本格矯正 プチ矯正
全歯列の矯正 前歯のみの部分矯正
治療費が70万円以上 治療費が約20~30万円
治療期間が長い(3年以上) 治療期間が短い(3~9ヵ月)
慣れるまで痛みがある 本格矯正よりも痛みが少ない

ただし、プチ矯正は治療可能なケースが限られます。歯並びの程度が重度の場合は、対応できません。またプチ矯正(部分矯正)を行うことで、逆に噛み合わせを悪くさせることもあります。術前にかみ合わせ認定医によるしっかりとした診査・診断を行いますのでご安心ください。プチ矯正(部分矯正)について詳しく知りたいという方は、ぜひ一度当クリニックにご相談ください。

プチ矯正の治療法


全顎の矯正では、すべての歯にワイヤーを通し、咬み合わせから補正していき歯並びを治療していきますが、プチ矯正の場合は患者様が気になる前歯のみの矯正治療となりますので、ワイヤー矯正の場合、装置は犬歯~犬歯の計6本の歯にのみ装着いたします。

スペース不足の時には、どうするの?


歯並びが乱れる一般的な原因は、歯と顎の大きさのバランスがとれていないことです。そのため、歯がきれいに並ぶためのスペースを作る必要がある場合もあります。その場合は、ストリッピングといって前歯の隣接面を少し(左右0.5mm程)スライスし、歯の幅を小さくします。また、下顎前歯の乱れが大きい場合は、前歯を1本抜歯する場合もあります。

保定について


ブラケットとワイヤーを外した後に、移動した歯が元の位置に戻ろうとします。「後戻り」を防止し『歯を動かさないため』に治療後に保定装置が必要になります。
保定装置には、取り外しのできるタイプ(可撤式リテーナー)と、取り外しができないタイプ(固定式リテーナー)があります。

治療費について

メタルブラケット(金属) 審美ブラケット
長所 強度が丈夫で、装置代金は治療費に含まれるため、費用を抑えることができる 装置が目立ちにくく、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
短所 銀色のため目立ちやすい 金属製に比べ、やや強度が弱い
装置代金 250,000円/片顎 300,000円/片顎
メタルブラケット(金属)
長所
強度が丈夫で、装置代金は治療費に含まれるため、費用を抑えることができる
短所
銀色のため目立ちやすい
装置代金
250,000円/片顎
審美ブラケット
長所
装置が目立ちにくく、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
短所
金属製に比べ、やや強度が弱い
装置代金
300,000円/片顎

※価格は全て税抜きです。