一般歯科

むし歯治療 当院の治療のこだわり

1.むし歯を絶対に取り残さない

『むし歯』と聞くと、『黒くなっている』というイメージはありませんか?

しかし、『黒いところ』だけがむし歯ではないのです。
急性のむし歯は飴色をしていることが多く、目で見ただけでは判断がつきません。

 

そこで、当院ではう蝕染色液(カリエスチェック)を用いてむし歯(赤く染まるところ)が残っていないかを確認します。ドリルで取りきれない細部のむし歯も、エキスカベーターという器具を用いて、確実に取り除きます。また、取り残しがないかの確認は、赤く染まらなくなるまで徹底して行いますので術者の技量に関係なく、絶対にむし歯を取り残すことはありません。

2.むし歯を削らない

『むし歯を削らない』と言われると、恐らく多くの方が「なぜ?」と感じるかと思います。しかし当院では初期のむし歯であれば、削らずに経過観察を行います。

なぜかというと、唾液にはカルシウムがたくさん含まれているため、その作用によって再石灰化(歯が元のように戻ること)が起こり、むし歯が自然に治癒することがあるからです

もちろん、経過観察できるかは、患者様の年齢や、プラークコントロール(清掃能力)、生活習慣によって慎重に判断致します。また、その診断においても、レーザーを用いてむし歯の進行具合を診断する、カボ社(ドイツ)のダイアグノデントという機器を導入しているため、奥で広がっているような表面的に分かりにくいむし歯も適切に診断致します。

3.拡大鏡を用いた精密な治療

拡大鏡を付けて口腔内を診ることで、肉眼では見落としやすい小さなむし歯や歯石、歯のひびなどをしっかりと確認することが可能です。こういった細部における診断を誤ると『残せない歯に対して治療をしていた』というトラブルも起こりかねません。
正確な診断と迅速な処置をご提供するため、当院では、全歯科医師が拡大鏡を付けて全ての処置を行います。

4.むし歯を絶対再発させない

当院では、自動練和機による気泡のない印象材(型どりの材料)を用いています。ゆえに作業者の技術に関係なく、いつでもムラのない綺麗な練和物を得ることが出来ます。印象材に気泡が入ってしまうと、補綴物(詰め物や被せ物)の精度が落ち、再発リスクにも影響を及ぼしかねません。絶対に再発しない治療をお受け頂くため印象材の練和にもこだわっています。

5.有名な技工士による精密な技工

当院は、大阪の有名歯科技工所と提携をしております。極力すき間の少ない、精度の高い詰め物・被せ物を作製はもちろんのこと、審美治療(前歯のオールセラミックなど)においては技工士としっかりと打ち合わせを行い、患者様のご要望にお応えできるよう努めております。
精度にこだわることで、むし歯の再発や見た目の綺麗さ等、あらゆる面においてご満足頂けるような治療を行います。

精度が高いほど、むし歯と歯周病の原因となる汚れ(歯垢)がつきにくくなり、歯を長く保たせることができます!!

6.治療前のクリーニングの徹底

歯の周りに歯石や汚れ(プラーク)が付いている状態で歯の型を取っても精度の高い治療は出来ません。
また、歯ぐきが腫れて出血しやすい口腔内環境で治療を行ってもうまく詰め物と歯が接着せず、むし歯の再発の原因になります。
『早くむし歯の治療をしてほしい』そのお気持ちは十分に理解しておりますが、長期的にみた良い治療を提供するため、当院では、むし歯治療の前にクリーニング(初期治療)をお受け頂いております。