予防歯科

2013.11.08

虫歯予防-11月8日(いい歯の日)-

今日11月8日は、いい歯の日です。

 

『11(いい)8(歯)』の語呂合わせをもとにして、1993(平成5)年に、日本歯科医師会によって制定されました。

 

 

これは、以前ご紹介した、8020運動(80歳で20本以上の歯を残そうという運動)の一環です。

 

6月4日の『虫歯予防デー』はよく知られていますが、

 

年にもう一度歯とお口の中の健康を考えてもらおうと作られた日です。

 

ちなみに当院院長の誕生日6月4日(虫歯予防デー)です!

 

11月8日と6月4日だけでなく、

 

当院では、3~4か月に一回は歯の状態と向き合って、

 

定期検診を受けていただくようにオススメしています。

 

多くの人が、虫歯になって、痛くなってから歯医者さんに行くのではないでしょうか?

 

『痛くなってから治療する』のではなく、

 

『痛くなる前に予防する』という意識を持っていれば、将来残せる歯は多くなります。

 

定期的に通うには費用がかかると考えられるかもしれませんが、

 

定期検診に通わなかったことで、治療費が高くなってしまったということはよくあります。

 

健康な歯を持っていたはずでも、定期的にメンテナンスを行わなければ、

 

その歯の寿命というのは簡単に変わってしまいます。

 

虫歯や歯周病は自覚症状が出にくいことから、

 

痛みを感じたり、腫れを感じた時にはもう重症になっていまっていることが多いです。

 

そのため、治療回数・治療費が増えるという悪循環が生まれてしまうのです。

 

定期的なメンテナンスを行った人とそうでない人では、

 

歯周病・虫歯の再発率は10倍以上も差があると言われています。

 

そうならないように、日々のご自身でのケア歯科医院での定期的なケア

 

しっかり行ってほしいと思います。

 

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

記事一覧