小さなお子様をお持ちのお母様へ

2013.09.04

子供の虫歯予防-食事-

ここでいう食事とは、おやつを食べたり、ジュースを飲んだりの間食も含みます。

 

あなたはもう知っていますか?

 

食事(間食をふくむ)のたびに、歯の表面がとけ出していることを…。

 

これを脱灰といいます。

 

その反対に食後、20分~40分で、唾液(ツバ)の働きで、とけ出したカルシウムが歯に戻ってきます

 

これを、再石灰化といいます。

 

 

お口の中では、食事をするたびに

 

脱灰再石灰化をくり返しています。

 

間食が多かったり、食事の時間が長かったりすると脱灰の時間が長くなり、歯が溶け続けます

 

このため出来るだけ間食はひかえてもらい、食事は3回、おやつは1回にしましょう。

 

甘いお菓子を食べる場合は、食後にデザートとして食べて下さい。

 

大好きなチョコレートやアイスクリームも食後のデザートとして食べれば大丈夫!

 

また飲み物はジュースよりお茶にしましょう。

 

それから、みんなが大好きな「アメ」はとってもキケン!

 

アメはゆっくりと溶けていくので、一度口の中に入れるとなくなるまで約20分もかかるのです。

 

急いでアメを「ガリッ」とかむと、もっとおそろしいことに…

 

一日中奥歯の溝にアメが残ってしまいます。だからアメはとてもキケン!

 

ご家族やお友達にも教えてあげてください。

 

 

皆様からもっとコワイお話をよく耳にします。

 

「ソフトキャンディが大好物で一日に一パック位食べちゃうんです。

 

それと、お昼寝する前に食べていたアメが、起きてもまだ口の中に残っているんです」

 

ということはつまり、お昼寝の間中ずっとお口の中にキャンディーが入っていた事になりますね。

 

通常なら20分で溶けてしまうキャンディーも寝ている間は、

 

ツバがほとんど出てないので溶けません。

 

ツバは私たちお口の守り神!

 

寝ている間は、そのツバがほとんど出ないので要注意!

 

おやすみ前に飲食したり、歯みがきを忘れると、寝ている間にむし歯ができてしまいます。

 

これらのことに気を付けて、「食事」から虫歯を予防するよう心がけましょう!

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

 

記事一覧