小さなお子様をお持ちのお母様へ

2013.11.08

子供の虫歯予防 -食生活-

今回は食生活について、QA方式でご説明します。

 

正しい食生活でお子様の虫歯を予防しましょう!

 

Q1.甘いものが好きなのですが、やっぱり甘いものって虫歯になるんでしょうか?

 

A.甘いものを食べていることだけではむし歯になりませんが、寝る前にはきちんと歯を磨いたりフッ素を使うなどして、むしばになる原因を減らしましょう。

 

甘いものを食べるときには、だらだら食べるのではなく、時間を決めて食べるようにしてください。

 

また、おやつを食べた後にキシリトールガムを噛むと、虫歯のリスクを抑えることができます。

 

ただ、甘いものばかりを食べすぎると健康や成長にも良くないので、量は減らすように心がけましょう。

 

 

Q2.では、甘いものを食べなければ虫歯の心配はありませんか?

 

A.甘いものを控えれば、虫歯のリスクは低くなりますが、虫歯菌は甘くないスナック菓子などからでも酸を産生します。注意しましょう。

 

 

 

Q3.ノンシュガーの野菜ジュースや、果汁のジュース、スポーツドリンクでも虫歯になってしまいますか?

 

A.ノンシュガーでしたら虫歯になりませんが、野菜ジュースや果汁ジュースには果糖が含まれています。虫歯の原因になってしまうので、表示に、砂糖やブドウ糖などが書かれている場合は、気をつけるようにしましょう。

 

 

Q4.風邪薬を寝る前に子供に飲ませています。そのまま寝たら、虫歯になりますか?

 

A.シロップなどの甘い薬には砂糖が入っています。

 

シロップを長期間飲ませるのでなければ心配はいりません。

 

もし続けるようでしたら、虫歯はできやすくなるので、注意しましょう。

 

Q.4では、寝る前にお茶を飲ませるのは大丈夫でしょうか?

 

A.お茶はフッ素ポリフェノールを含んでいるので、虫歯予防の助けになります。

 

ぜひ飲ませてあげてください。

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

記事一覧