妊婦の患者様へ

2013.07.17

妊娠前よりも歯肉から出血しやすくなった…

歯周病菌には、女性ホルモンの影響で増殖するものがあります。

 

また、女性ホルモンは、歯肉の毛細血管に作用して歯周病の炎症を増大させるともいわれています。

 

そんな女性ホルモンの分泌が、もっとも盛んになるのが妊娠期です。

 

さらに妊娠中は、つわりの影響で、歯みがきがおろそかになったり、

 

食事や間食の回数が多くなったりして、歯垢がたまりやすく、

 

歯肉が炎症を起こしやすくなっています。

 

 

妊娠中はできるだけ、歯と歯肉の境目にハブラシを

 

きちんと当ててみがくように心がけてください。

 

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

記事一覧