予防歯科

2013.11.29

大人の虫歯予防-二次う蝕-

子供のころにしていた虫歯予防と同じ方法でケアしていませんか?

 

子供の頃にできる虫歯と、大人になってからできる虫歯では

 

できる原因も場所も異なります。

 

 

大人は虫歯ができやすく、気づきにくいため、注意が必要です。

 

今日は、大人が注意するべきポイントの一つである『二次う蝕』についてのお話です。

 

二次う蝕とは、一度治療したところに、また新たに虫歯ができてしまうことをいいます。

 

『きちんと合った詰め物を入れたからこれでもう大丈夫!』

 

そう思っている方は危険です!

 

詰め物やかぶせ物の下や周りこそ注意が必要なのです。

 

詰め物やかぶせ物は金属なので、虫歯にはなりませんが、

 

その下や周りのご自身の歯は穴が開いてしまっているので、虫歯になりやすい状態です。

 

口腔内に残っている虫歯菌の酸がほんの少しの隙間から

 

虫歯を作り出します。

 

また、このような虫歯は詰め物やかぶせ物などの見えないところで進行するため、

 

気づきにくいです。

 

大人の虫歯は痛みも出にくいため、気づいた時にはもう歯が残せない・・・

 

ということにもなりかねません。

 

ですから、虫歯の治療が終わっても油断せず、

 

虫歯のできにくい口腔内を作らなくてはなりません。

 

歯科医院で定期的にメンテナンスを受けたり、

 

詰め物やかぶせ物の周りを診てもらったりしましょう。

 

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

記事一覧