その他

2013.12.20

医療費控除のご説明

医療費は確定申告を行うと
最大50%還付(返金)されます

 

医療控除とは・・・

 

① 本人又は本人と生計を共にする配偶者その他の親族の医療費を年間10万円以上(1月1日~12月31日)支払った場合には医療費控除が適用され税金が還付又は軽減されます。

 

② 確定申告は同一世帯の一番所得の多い人に家族全員分まとめて請求できます。

 

<医療費控除になる治療>

 

インプラントの費用

 

自由診療による治療費(金歯、金冠、メタルボンド冠、セラミックスクラウンなど)
虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療費

 

咀嚼障害や、噛み合わせ改善のための矯正治療

 

PMTC※虫歯・歯周病除菌治療で申請してください
親知らずの抜歯
入れ歯の費用
歯科ローンにより支払った治療費
通院、入院のための電車、バス
幼い子どものために親が付き添って通院した場合の交通費
薬局で購入した歯痛止めなどの医薬品

 

<医療費控除にならない治療>

 

歯を白くするためのホワイトニング治療
歯科ローンの金利、手数料など
通院時に自家用車を使用した場合の駐車料金、ガソリン代

 

※確定申告を忘れていた場合でも、「過去5年以内」であれば還付が受けらます。

 

<医療費控除の例>

 

① 課税所得金額340万円のAさんが、歯科治療に年間50万円かかったとしたら…
医療控除対象40万円×30%=12万円分の税金が免除されます。
つまり、実質治療に要する費用は38万円

 

② 課税所得金額700万円のBさんの娘さん(扶養家族)が矯正治療に60万円かかった場合
医療控除対象50万円×33%=16.5万円分の税金が免除されます。
つまり、実質治療に要する費用は43.5万円

 

③ 課税所得金額1810万円のCさんが全顎的な治療に210万円かかった場合
医療控除対象200万円×50%=100万円分の税金が免除されます。
つまり、実質治療に要する費用は110万円

 

※課税所得金額は、年収の総額ではありません。

 

<年間医療費と収入による減税(還付)金額の目安>

 

 

※詳細は税務署等にお問い合わせください。

 

医療控除申請結果は当院で責任を持つものではありません。

 

領収証は再発行できませんので、無くさないようにお願いします!

 

控除申請時に必要ですよ。

 

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

 

記事一覧