インプラント

2013.12.09

インプラントの耐久性

前回はインプラントの構造についてお話しました。

 

今回は、インプラントの耐久性について。

 

インプラントは骨自体に直接しっかりと土台を作るので、

 

耐久性に優れているとお伝えしました。

 

しかし、人工の歯だからといって、病気の心配をしなくてもいいわけではありません。

 

インプラント治療が終わり、快適な噛みごこちを実現できた方でも、

 

その後の使い方によって、インプラントを良好に使えなくなってしまう方がいらっしゃいます。

 

主な原因として、

 

無理な力をかけることによるインプラントの消耗や、

 

炎症による問題があります。

 

本来インプラントはとても頑丈な作りになっており、噛む力にも耐えられるはずです。

 

しかし、毎日歯ぎしりをしたり、偏った噛み合わせによって無理な力が加わることで、

 

壊れてしまうことがあるのです。

 

 

このような場合は大体において、上部構造が欠けたなどの補修できる問題が多いです。

 

ただし、フィクスチャー自体が折れてしまうこともまれにあるので、注意が必要です。

 

更に注意すべきなのは、雑な歯磨きにより細菌感染し、炎症を起こすケースです。

 

インプラントの周りに汚れが溜まると、インプラントの土台を固定していた

 

あごの骨が溶けてしまうのです。

 

インプラントでは、あごの骨とフィクスチャーがしっかり結合することで

 

物をご自身の歯のように噛めるようになります。

 

もしあごの骨が溶けてしまえば、インプラントを支えられなくなってしまいますよね。

 

 

インプラント治療は、治療後のケアをきちんとするかしないかで

 

大きく耐久性が変わります。

 

せっかくインプラント治療を受けるなら、定期的なケアを行って、

 

長持ちさせましょう。

 

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

 

 

 

記事一覧