インプラント

2013.12.09

インプラントのメンテナンス

前回、インプラントには定期的なメンテナンスが必要だとお伝えしました。

 

では、具体的にどのようなメンテナンスが必要で、

 

なぜ歯科医院でのケアが必要なのかをお話します。

 

インプラント治療後、気づかないうちに何かお口の中で

 

トラブルが起こっているかもしれません。

 

しかし、プロでなくては確認できない点が多くあり、

 

放置した結果、悪化してしまったというケースがあります。

 

ここで、プロがチェックする項目をいくつかご紹介します。

 

①視診・触診
歯茎の腫れや、プラークや歯石が溜まっていないかをチェックします。

 

 

②プロービング
プローブという器具を使って、炎症が起きていないかをチェックします。

 

 

③染め出し
専用の染色液で口腔内を赤く染め、汚れの残っている部分を見つけます。
そこから、歯ブラシやフロスの使い方をどう改善する必要があるかを分析します。

 

 

④エックス線写真撮影
あごの骨が失われていないかを確認します。

 

その他にも、噛み合わせチェックやネジが緩んでいないかなどをチェックします。

 

また、セルフケアだけでは足りないところを、専用の器具を使って磨いていきます。

 

スケーリングでは、歯茎の溝に隠れている汚れを取り、

 

PMTCでは歯茎のきわや、歯と歯の間を磨きます。

 

 

悪化する前に、プロによる定期的なチェックを受け、

 

トラブルを事前に防ぎましょう!

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

記事一覧