予防歯科

2015.02.27

ここが危ない!二次う蝕

「以前虫歯治療をしてつめものをした歯がまた虫歯になっています。」

 

歯科医院でそんな診断を受けたことはありませんか?

 

治療したところの周囲に新たな虫歯ができてしまうことを、私たちは「二次う蝕」と呼んでいます。

 

 

すでに治療をしている歯なのに、なぜまた虫歯になってしまうのか、「治療したところは作り物なのになぜ?」とお思いになるかもしれません。

 

たしかに、つめものやかぶせものは人工物なので虫歯にはなりませんが、問題はその下に隠れた「象牙質」なのです。

 

 

虫歯ができて治療した歯は、つめたりかぶせたりして補修はしてあっても「エナメル質」に穴が開いてしまっていることに変わりはありません。

 

エナメル質は酸から歯を守ってくれるいわば鎧のような存在です。

 

酸はミクロの隙間もスイスイ通り抜けてしまいますので、いくらピタリとつめたりかぶせたりしても、治療後の口腔環境が改善されず、虫歯菌がいっぱいのままでは、鎧を失った歯は虫歯菌の影響をさらにこうむってしまいます。

 

また、二次う蝕は、つめものやかぶせものの下の見えないところで進行するため、ご自分では気づきにくいのです。

 

まして、神経がを取ってあったり、たまたま痛みが出なかったりすると、自覚症状がまったくないうちに進行してしまいますので、油断大敵です。

 

 

そこで、虫歯の治療が終わったら、今度は口腔環境の改善をしていきましょう。

 

歯科医院であなたにあった予防法を指導してもらったり、定期的なメインテナンスを受け、つめものやかぶせものの周りもチェックしてもらうと安心です。

 

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

 

記事一覧