予防歯科

2015.02.20

おとなの歯にもっとフッ素を!

フッ素が虫歯予防に役立つことは、みなさんすでにご存じだと思います。

 

海外に比べるとフッ素利用に消極的な日本ではありますが、近年歯磨剤やフッ素ジェルなどのケア製品も増えています。

 

 

フッ素の効果とは、

 

①酸に強い歯を作ること

 

②歯の再石灰化(唾液による歯の修復)を促すこと

 

③虫歯菌が歯を溶かす酸を作るのをおさえること

 

この3つです。

 

お子様の虫歯予防にはもちろん、長年の酷使でエナメル質が薄くなったり、象牙質が露出して虫歯になりやすい大人の歯にもぜひ使いたいものです。

 

 

ただし、ただ使うだけでは効果はいまひとつ。

 

フッ素の効果を引き出すポイントは、できるだけ長い時間フッ素をお口のなかにとどめることです。

 

この努力をすると、結果がまったく違ってきます。

 

 

たとえば、寝る前にフッ素入りの歯磨剤を使って歯みがきをし、うがいは軽くするにとどめ、そのまま就寝します。

 

さらに効果があるのは、フッ素入りの歯磨剤でみがいたあとに、研磨剤の入っていないフッ素入りのジェルを歯に塗ることです。

 

うがいはせず、溜まった唾液を軽く吐き出すだけで、そのまま就寝します。

 

こうすると、長時間十分な濃度のフッ素がお口のなかにとどまります。

 

 

ジェルはさまざまな味のものがそろっています。

 

好みの味を選んだり、何種類かそろえて日替わりで使うのも楽しいかもしれません。

 

吉田歯科にもたくさんの味のフッ素ジェルを揃えております。

 

お気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。

 

 

**********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

 

記事一覧