予防歯科

2016.10.28

おとなのむし歯 2

前回お話ししたようにおとなの歯は子どもの頃とはむし歯が出来る理由も場所も違います。

 

おとなにはおとなのむし歯予防があります!
どんなところに気を付けたらよいか見てみましょう。

 

◎歯の根元のむし歯(根面う蝕)
大人のむし歯の代表格です。
歯周病になって歯ぐきが退縮すると歯ぐきに覆われていたセメント質や象牙質がむき出しになってしまいます。歯ぐきのキワはただでさえ汚れの溜まりやすいところ。
歯ぐきのキワには気を付けましょう!

 

◎詰め物やかぶせ物の周り(二次う蝕)
治療したところの周囲にあらたなむし歯ができてしまう事を言います。
治療したのになぜ?と思われるかもしれませんが、治療後の口内環境が改善されずむし歯菌がいっぱいのままでは詰め物などの隙間から酸が入り込んでしまします。
二次う蝕は、詰め物やかぶせ物の下の見えないところで進行するため自分では気づきにくいのです。

 

むし歯の治療が終わったら、今度は口内環境の改善をしていきましょう。
定期的なメンテナンスを受け詰め物やかぶせ物のまわりもチェックしてもらうと安心です!

 

*********************************************
豊中市 医療法人スマイルデザイン吉田歯科

記事一覧