院内感染予防対策

院内感染対策について

当院では、器具類に対する
滅菌・消毒を徹底しております。

歯の治療は抜歯も含め出血を伴う治療が多く、使用済みの器具にはたくさんの血液や唾液が付着しています。
唾液や血液に潜んでいる細菌やウイルス(HIV、B型C型肝炎ウイルス)がさまざまな治療器具を介して感染症を引き起こす恐れがあるため、当然これら器具類に関して患者様一人ひとりに滅菌・消毒を徹底する必要性があります。
 
院内感染対策が必要なことは当たり前の話なのですが、たとえば手袋を例に挙げてみます。
術者がする手袋は様々なウイルス感染から身を守るためにつける物です。
 
それでは、手袋をしていても使い捨てにしなければどうなると思いますか?
手袋ひとつとっても、使い回しはとても危険です。
その他の感染対策についても気は抜けません。

吉田歯科の院内感染対策

  • 手袋、紙コップ、エプロンは患者様ごとに使い捨て
  • 注射針や麻酔液は患者様ごとに使い捨て
  • お口に入れる器具はすべて滅菌
  • 診療チェアやテーブル等は“強酸性水”で殺菌

etc…
 
「可能なものは極力使い捨て」
「徹底した滅菌消毒」
を基本方針としています。

吉田歯科の感染対策設備

1回限り使い捨て

グローブは当然一人ずつ使い捨てです。
その他紙コップやエプロンについても患者様ごとに取り替えます。

強酸性水(EO水生成器)

使った治療器具は強酸性水で殺菌します。
強酸性水とは電気分解によって生成された分解水で各種病原菌に対して、短時間で強力な殺菌力を示します。
またウイルスを不活性化する強い能力を持っています。

超音波洗浄機

さらに消毒液を満たした超音波洗浄機で器具の隅々まで洗浄します。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

歯を削る道具(タービン、エンジン、ドリルヘッド、ハンドピース)などの耐熱性のある器具(金属類)全てに渡ってオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で滅菌を行います。

ステラパックによる包装

個別包装することによって滅菌レベルを更に高めています。
使用する直前に開封いたします。

マジックボール

水+アロマ消臭抗菌+ミストの力て空気を洗う最新アロマ機能消臭抗菌水空気洗浄機を待ち合いスペースに配備しております。