院長ブログ

2016.06.12

顎咬合学会

こんにちは!吉田歯科院長の吉田信介です。

 

歯の学校検診が近隣の小学校で始まってきてますね

 

検診で引っかかる子も多く、6月は診療室に子どもがたくさんいて、非常に賑やかになっています。

 

医院の雰囲気が午前中と午後で全く違いますがそれも楽しいですね

 

さて、今週末は東京国際フォーラムで行われた顎咬合学会に参加して参りました。

 

今回のテーマは

 

「顎咬合学が創る健口寿命」です。

 

噛んで食べることで、脳の血流量が増加し、脳全体を活性化することが判明してきました。さらに咀嚼された食物が消化吸収により細胞レベルでの新陳代謝を促すことも重要です。
そのためには生涯にわたる健康な咬合・咀嚼を育成することが非常に大切ですね

 

朝、会場入りするとプログラムを確認し、夕方まで聞きたい講演をチェックしてスケジュールを立てます。

 

この時が一番楽しいですね❤️

 

まさにオトナのディズニーランドです(^ ^)

 

講演が始まると興味のあるところはメモをして、適度に睡眠も取りつつ、間で業者さんのブースなどを回っていました。

 

 

 

まさに時代はdegital dentistry

 

スキャナーで歯型を取り、コンピュータが詰め物、被せものを作る時代です。

 

コンピューターがレントゲンから計算し、作り上げた矯正装置を我々人間が
患者さんに装着して歯を並べていく時代です。

 

各社、最新の機器をこれでもかというくらいアピールしてました。

 


歯科衛生士がきれいにした歯肉に、歯科医師が拡大鏡を使って削って取った歯型から歯科技工士が職人技で作った被せものを着ける。

 

そんな時代は終わりを迎えます、

 

今ではそれらを全てコンピューターがやってしまう時代なんです。

 

便利になった反面、ヒトの仕事を機器がどんどん奪っていく

 

時代の流れなんですね…>_<…

 

時代に逆らって変わらなければ確実に淘汰されます。

 

時代に取り残されないよう変わっていかないといけませんね

記事一覧