スタッフブログ - 栃尾

2017.09.24

虫歯治さなくていいの?

こんにちは、歯科衛生士の杤尾です。

 

朝晩涼しくなり、過ごしやすい日が増えてきましたね、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

あっと言う間に今年も残り3カ月ほどになりました。

 

年末の受診は、混み合いますので、お早めの受診をお勧めいたします。

 

患者様からのご質問「黒くなってるけど、むし歯をすぐに治さなくていいんですか?」

 

様子を見る判断基準がありますo(^_^)o

 

見た目とレントゲンの総合判断をします。

・穴があいていない

・褐色

・ザラザラ感がない

・歯垢がなくキレイ

茶色く変色してはいますが、こういった場合は歯は削らずに経過をみることが多いです^^

慢性化して虫歯が進行しなければ歯を削らずに済むこともあります。

 

  • 白濁
  • 影がある
  • ザラザラひっかりあり
  • 歯垢がたくさんついている
  • ネバネバした歯垢の存在

こういった場合は要注意です!ケアを怠れば進行する可能性が高いです。

治療に進む場合もあります。お子様の場合は進行が早いので治療に入る場合もあります。

 

   

 

歯と歯の間の虫歯は見た目だけでは、確認できません。見た目で穴がなくてもレントゲンで見ると進行がみられることもあります。

見た目、レントゲン、総合的に判断して治療に入るのか、すぐに治療に入らずに、進行の経過を観察しするのかを判断します。

 

歯は治療をすると寿命が短くなります。

定期メンテナンスで必要な検査を行いながら、正しくセルフケアを行い、適切なプロケアを受けていただき、歯を削らずに、守っていける時もあります。

ご自身のお口の健康を守りましょう!

 

記事一覧