スタッフブログ

2017.06.19

歯周病が進行すると、、、

こんにちわ!

 

歯科衛生士の杤尾です

 

今回は、歯周病の一歩進んだお話をお伝えします。

 

歯周病の中でも厄介なのが、根分岐部病変といわれる根と根の間の病気です、、、

 

歯周病が進行し歯を支えている骨が吸収し、図に示す部分まで歯を支える組織の破壊が進んだ状態を言います。

 

根分岐部は複雑な形態をしていて、患者さんによるセルフケアも歯科医院での歯石除去も

大変困難で、進行具合により、歯の生存率が低下する報告がされており、歯周病の管理を非常に困難にさせます。

 

検査は歯の根の股の部分に水平に器具を挿入し、どの程度の深さがあるかを測定します。

Ⅰ 度 (初期):根分岐部にプローブ(探針)は入るが、歯の幅の1/3以内

 

Ⅱ 度 (部分期):根分岐部にプローブ(探針)が1/3以上入るが、貫通はしない

 

Ⅲ 度 (全体期):根分岐部にプローブ(探針)を入れると、プローブが貫通する

 

軽度(Ⅰ度)であれば、メンテナンスで経過を観察を行いながら、対応しますが、進行性の歯周病で分岐部病変もⅡ度以上であれば、早期の外科処置を含めた積極的な治療が必要になります。

 

私は歯科衛生士という、予防を担う仕事ですので、出来れば病気にならないように、辛いと感じる人が多い治療を受けずに済むように、予防の大切さを沢山の方に伝えていきます。

 

歯周病で悩む方もいらっしゃいますので、技術を磨き沢山の方の役に立てるよう、努力も続いていきます!

記事一覧