スタッフブログ - 森

2018.04.01

歯内療法の勉強会に参加してきました。

春になり暖かくなるとともに、心もソワソワしてくる・・・そんな日々を送っています。歯科医師の森です。

所属しているペンエンドスタディクラブインジャパン(PESCJ)の勉強会に参加するために、3/31(土)~4/1(日)に広島に行ってきました。日々の臨床に直結する内容から、組織学的な見知に至るまで、実に興味深い内容のオンパレードでした。

癌患者さんの歯科治療をどのようにマネージメントするか、仮封材やコア築造の際のポイント、外部吸収の治療の仕方、歯内療法における偶発症への対応、歯根破折への考え方など、幅広く学ぶことができました。

歯科には様々な分野が存在し、被せ物、小児、歯周病、矯正、口腔外科など、近年それぞれの分野がかなり深く複雑になってきています。恐らく一つの分野であったとしても、一生かけても極めることは不可能かと思います。毎月、世界中で多くの論文が出ていますし、数年前まで正しかった情報が、まるっきり正当性がないことが証明されたりしています。

私たち歯科に携わる人間とって必要なのは、今ある情報が本当に正しいかどうかを見極める力と、行う治療が患者さんの利益につながるかどうかを吟味する思考です。

今に甘んじることなく、これからも精進していきたいと思います。

記事一覧