スタッフブログ - 西浦

2018.07.31

新大阪で勉強会に参加してきました

こんにちは、歯科医師の西浦です。暑さも厳しくなってきましたが、みなさん体調管理は大丈夫ですか。

夏場は水分補給をしっかりし、食べ物にも当たりやすくなるので気をつけてください!

 

今月は新大阪で歯周病をメインとした治療の考え方について勉強してきました。

みなさんはどれくらい歯周病(歯槽膿漏)についてご存知でしょうか?

言葉自体は聞いたことがある方は多いと思うのですが、お年寄りがなる病気というイメージはないでしょうか?

口臭が気になったり、歯ぐきから血がでている人はひょっとしたら……

 

今の日本において40歳以上の方の約8割が歯周病であり、慢性生活習慣病と言われており、

歯を失う原因の半分近くは歯周病によるものなのです。

では、どのような病気なのか。歯周病になったら歯が腫れる病気と思いがちなのですが、

それだけではなく骨を溶かしていく病気なのです!加えて、減った骨は元どおりには戻りません!!

つまり、歯周病にならないこと、なっている人は歯周病をなおし進行を止めることが大事になります。

健康なはぐきの人であっても歯ブラシだけでは歯とはぐきの間を完全に綺麗にするのはとても難しいです。

歯周病にならないような患者さんのお口づくりを行っていけるようにこれから頑張っていきます!

記事一覧