スタッフブログ

2017.02.28

恐竜の歯

こんにちは、受付の川上です(^^)

 

先日、福井県立恐竜博物館に行ってきました。
ティラノサウルスやデイノニクス(ジュラシックパークで足が速くて小さくてどう猛な恐竜)など、
沢山の化石が展示されており、
ああ1億6000年前の地球にはこんな沢山の恐竜達が生存していたんだなあと
何も語らぬ骨達に想いを巡らせておりました。

 

 

 

草食恐竜の中には、約1〜2ヶ月の周期で、死ぬまで歯が生え変わり続けるものもいたそうです。
すごいですよね、羨ましい限りです。きっと虫歯になってもどんと構えていられただろうし(どうせ抜けてしまうから)、ずっと新鮮でピカピカの歯だったんでしょうね。

 

人間はそうもいきませんから、1度生え変わった歯は生涯大切にしなければなりません。歯磨きを怠ったり、虫歯を放置するようなことはしないように、自分の歯を大切に、みなさんも吉田歯科で歯科検診、クリーニングなども受診するようにしましょうね。

 

記事一覧