スタッフブログ - 蔵本

2018.07.31

夏バテしない為に

こんにちは!DA兼管理栄養士の蔵本です。

 

暑い夏がやってきましたね。体調崩されてませんか?

 

暑くなって体温が上がると、皮膚の血管が拡張して血液が体の表面に集まって汗を出しますが、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、体温調節が難しく、熱が体内にこもって疲れやすくなります。

また、食生活の面では、暑さによって
「暑い→だるい→食欲がない→飲料水の取りすぎ→消化力の低下→食欲不振」という悪循環が起きてしまいます。

 

さらに暑さで寝苦しくて生活のリズムが
乱れがちになります。

 

その結果、体調が崩れて夏バテを引き起こしてしまいます(°_°)(°_°)

 

経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうかヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

元気に猛暑を乗り切る為に、
「夏バテ予防の5つのポイント」をお伝えしたいと思います☆☆

 

①食事は量より質を考えてとりましょう☆

 

食欲がなくても、1日3食、良質なタンパク質(肉、魚、卵、牛乳など) 、ビタミン類(野菜や果物)、ミネラル(牛乳や海藻類)をバランスよく、少しずつでも色々な種類の食品をとりましょう。

 

②香辛料をうまく使って食欲増進を☆

 

生姜やわさび、こしょうなどの香辛料、シソ、みょうが、ネギなどの香味野菜は食欲を増進させる効果があります。薬味として取り入れてみてください^ ^

 

③冷たいものを摂りすぎないように注意しましょう☆

 

清涼飲料水やアイスなど冷たいものを摂りすぎると、胃腸を壊したり食欲がなくなってしまったりします。特に寝る前は控えましょう。

 

④ビタミンB1補給を忘れずに摂りましょう☆

 

夏場は、ビタミンB1の消耗が激しくなり不足しがちになります。不足すると体内に摂取された栄養をエネルギーに変換できにくくなります。

 

ビタミンB1を豊富に含む食材は、豚肉、うなぎ、大豆、玄米、ほうれん草、ごまなどがあります。アリシン(にんにく、ニラ、ネギ、玉ねぎ、生姜など)を多く含む食品と一緒に食べるとビタミンB1の吸収が良くなります!

 

⑤リズムある生活をしましょう☆
規則正しい生活と適度な運動を心がけ、生活のリズムを保つようにしましょう。特に睡眠は十分にとり、疲れを溜めないようにして下さい^ ^

 

 

まだまだ暑い日は続くと思いますが、
共に乗り越えていきましょう\\\٩(๑`^´๑)۶////

記事一覧