院長ブログ

2017.06.23

偏咀嚼(へんそしゃく)が身体に及ぼす影響

こんにちは!院長の吉田信介です。

 

今回は偏咀嚼(へんそしゃく)が身体に及ぼす影響について書きたいと思います。

 

偏咀嚼(へんそしゃく)とは食事の際に常にどちらか一方でしか噛まない噛み方を言います。

偏咀嚼になる原因

 

1.虫歯や歯周病などの歯科疾患により片側が使えない

 

2.歯並びが悪いため片側が噛みにくい

 

3.歯科治療で被せた詰め物や被せ物、入れ歯などのかみ合わせが合ってない

 

4.かみ合わせには問題がないが、単に癖になっている

 

「片方の歯はないけどもう片方で噛めているから大丈夫」

 

そうおっしゃる方は多いですが、片方で噛むと言うのは片足で歩いているのと同じなんです。

 

片足で歩いてるとその足は疲れますよね?

 

では偏咀嚼を放置するとどうなるんでしょうか?

 

その1. 片側の歯の寿命が縮まる

 

通常であれば左右バランスよく噛むことで、歯にかかる力は分散されますが、偏咀嚼の場合は噛む力が片側に集中し、負担が増えます。

 

その2. 噛まない歯は汚れやすい

 

食べ物は噛み合う歯と舌の動きにより胃へ運ばれます。そのため、噛まない方は汚れが溜まりやすくなり虫歯や歯周病の原因になります。

 

その3. 顎関節症になりやすい

 

とくに噛む側の顎関節に大きな負担がかかるため、口を開けるたびに「バキッ」と音が鳴るといった顎関節症の原因になります。

 

その4. 顔がゆがむ

 

ちょっと危ない話になってきましたが、片側ばかりで噛むとそちらの筋肉ばかり発達し、反対の使わない筋肉は衰えていきます。

 

その結果、顔がゆがむ原因になってしまいます。

 

 

 

 

自分ももしかしたら・・・と気になったら

 

意識して両方の歯を使うようにしてみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧