スタッフブログ

2016.09.15

マイクロスコープによる根管治療 ラバーダム

こんにちは、副院長のDr.森です。

 

私は日常の多くの時間を、根の治療に費やしていますが、
患者様には一体何が起こっているのかわからないことが多いみたいなので、
この場を借りて、少しお話ししたいと思います。

 

根の治療をできるだけきれいな環境下で行うために
ラバーダムというゴムのシートを行います。
大きなメリットとして、
①歯の中に唾液や汚れが入るのを防ぐ
②誤って器具を飲みこんでしまうのを防ぐ
③薬液が口の中に漏れるのを防ぐ
などなど、メリットが沢山あります。

 

①→口の中はバイ菌でいっぱいです、それが器具についたりすると
せっかくお掃除しても、根の中はなかなか綺麗にはなりません。

 

②→小さな歯のさらに小さな根の中を掃除するわけですから、
少しの操作ミスで容易に口の中に落ちてしまうこともあります。
誤って飲み込んだりしてしまっては大変です!

 

③→根の中を消毒する材料は、綺麗にする能力がとても大きい反面、
漏れてしまった場合、きつい味や匂いを持つため、
患者さまに不快な思いをさせてしまうことがままあります。
いい材料をしっかり使うために、漏れないようにする工夫も必要です。

 

今回は根の治療において、とても大切なラバーダムについてお話ししました。
根の治療について、不明なことがありましたら、いつでもご相談ください!

 

記事一覧