スタッフブログ - 櫻本

2018.06.29

バレない矯正!?

こんにちは、歯科医師の櫻本です。

みなさん、最近多くなってきているマウスピースでの矯正をご存じですか?

1997年に最新の歯科矯正理論と、最先端技術の融合によって米国で開発された新しいアプローチの歯科矯正治療として

インビザラインでの矯正が最近増えてきています。

 

このようなマウスピースを2週間おきに交換していき、少しずつ歯を動かしていくのです。

お口の型と写真をとって、コンピューター上でシュミレーションを行い、最終的にどのような歯並びになるか確認し、患者様にも実際にみていただきます。

何回も修正を加えて理想の歯並びになるように設定します。

そしてその後、マウスピースが作られます。

動かし方によって20枚程度のものから60枚以上のものまで、マウスピースの枚数は様々です。

 

一番の特徴としては、なんといっても目立たないことです。

今までの矯正では金属のワイヤーやブラケットを使用していたので、見た目が全然違います。

 

歯が動きやすいように数本の歯の表面に樹脂を用いてこのようなひっかけを作るのですが、

歯の色に合わせて設置するので、ほとんど目立ちません。

 

また、着脱可能なので、食事や歯磨きがしやすく、口腔内を健康に保つことができます。

 

現在、吉田歯科のスタッフもインビザラインでの矯正をしているのですが、順調に動いてきています。

どのような見た目かな?と気になる方は是非お声かけください☆

 

また最近、このような冊子を受付においています。

 

 

インビザラインでの矯正にてついてわかりやすく書いてありますので、気になる方は一度目を通して頂けたらと思います。

記事一覧