スタッフブログ - 長谷川

2018.02.26

だいじ!

こんにちは。歯科衛生士の長谷川です。

いよいよ春の気配も近づいてきましたね。もうすぐ小学生!と新しいランドセルを見ては 心待ちにしている お子さんも多いのではないでしょうか?新入学の準備も大変ですが、お口の中では とても大切な準備が始まる時期でもあるのです。

6才臼歯(第一大臼歯)が生えてくるのが、ちょうどこの時期です。

6才臼歯は 永久歯の中で1番大きくて 噛む力も強く 噛み合わせの基本になる大切な歯です。

しかし 乳歯の奥に生えてくるので歯みがきが難しい歯でもあります。

生えてきてしばらくは他の歯よりも低いので歯ブラシが届きにくいため とてもムシ歯になりやすいのです。

おまけに噛む面に深い溝があって汚れも溜まりやすい!…これは大変!歯みがきが難しそうですね~

小学生になるんだから、自分のことは自分でできるようになって欲しい と思う保護者のお気持ちは とてもよくわかります。でも!! 先ほども書いたように 6才臼歯は歯みがきが大変難しいのです。

磨いているのと磨けているのは違う!…という事は、大人でも ブラッシング指導を受けていただくと実感できることですね。大切な6才臼歯をムシ歯から守ることは、子どもだけでは難しいのです。やはり保護者の仕上げ磨きが絶対に必要になるのです。

 

小さな身体で 大きなランドセルを背負って 毎日がんばっている新入生です。

1日の終わりに 大好きな お母さん お父さんに 大切な歯を磨いて貰うのは、 きっと嬉しいスキンシップになりますョ。そして、歯みがきした後は 今日あった事を 楽しく いっぱい聞いてあげてくださいね。きっと明日も 歯みがきタイムの後は 親子の楽しい時間が過ごせますよ~♪

 

 

 

記事一覧